自分で工作したアンテナ


自作アンテナ
自作アンテナ

  いろいろとアンテナの検索をしていたら、八木アンテナを工作して¥500ほどで作れてしまうというページがありました。随分前から公開されていたようなのでご存じな方も多いと思いますが、ちょっと驚き。
「子供の科学」的な感覚で面白そうなので、自分も挑戦してみようとホームセンターで材料を買ってきました。
銅棒線1本¥350、アルミ棒線2本¥240、計¥830。(ちょっと高い)

それにしても、もっと丈夫そうに作れば良かった。なんとも貧弱に見えます。

UwPAの設置方向と随分と異なった向きになっています。UwPAの方はお隣の家の反射を拾っているのかもしれません。自作したアンテナ方向が本来の飛来電波方向です。 

 

参考:
・JASMAT 日本アマチュア衛星通信協会の「500円八木アンテナ」
http://www.jamsat.or.jp/features/cheapyagi/index.html
・ちょい技blog
http://cyoiwaza.blog76.fc2.com/blog-entry-33.html

 


一応、完成したアンテナです。
受信の理屈やらはさっぱり解りませんが、掲載されている通りに作ってみました。
アルミ棒と木は凧糸で縛って留めました。

持つとこんな感じです。部屋の中では全く反応が無く視聴不可でした。(発信局から50Km離れているので当然ですかね)
初めからブースターを繋げています。

窓を開けて外にアンテナを突き出してみました。映りました。受信しています。

(写真では画面が暗いですが、ちゃんとドラマ放送を視聴できています)
でも、不安定。 TVのレベル表示で35~42あたりを変動してます。 ブースターで18~20は増幅しているはずなので実質は20以下のはず。


工作したアンテナをベランダに取り付けてみました。
本当に視聴できてしまいました。よく映るなあって感じ。
レベルチェッカで測定しながら位置を探したのですが、CH毎に数値が大きく変動しました。


(測定結果)

  自作アンテナ 

 

  地デジ受信 測定箇所  
  アンテナ直結 PC TV直前  
  CH 物理CH 4C-FB(2m) 4C-FB(8m)  
    +VBC-22CU  
  NHK総合 27 18 34  
  NHK教育 26 20 37  
  日本テレビ 25 27 44  
  TBSテレビ 22 20 40  
  フジテレビ 21 26 42  
  テレビ朝日 24 24 41  
  テレビ東京 23 17 32  
  放送大学 28 23 37  
  テレビ埼玉 32 23 41  

    4C-FB:配線使用ケーブル規格

      VBC-22CU :日本アンテナ簡易ブースター  

 

   ・計測数値が薄い数字のCHは視聴不可。

   ・以外の黒字数字は視聴可能。  

  ※ DXアンテナ 受信測定用レベルチェッカLCW20Uで計測。

 

(視聴結果からの感想)

この自作のアンテナで視聴し続けることは無理ですかね。

特定のCHしか視聴できませんでした。

実験というか趣味的というか、でも、面白かった・・・です。もう少し、頑丈にキチンとDIYすればもっと良かったかも。 ちゃんとした作りで(頑丈に)屋根上の位置まで上げたらOKになるような気がします。

 

電波って見えないものだから、本当に飛来してきてTVを映しているのかって、未だに信じられない感じです。だれか電波を見たことのある人いませんかね。

この地域は難視聴地域と言われてきたところです。

取り付けてあるUwPAの向きと随分と違う方向に向いていますが、いろいろとレベルチェッカで計測しながらの結果です。UwPAでは、お隣の屋根方向に向けると一番良好なのですが(反射波を受けているのかどうか判りませんが)、工作したアンテナではUwPAと同方向にすると全くダメでした。
 
ホントに電波って、飛んでくる様子が見えれば簡単なのに・・・と思います。
 

(概算費用)

使用部材 約¥500~¥800

・アルミ製3mm棒線 1mx2本   
・銅製3mm棒線 1m
・凧糸、木製支柱棒、ハンダ
使用機器
・ブースター  :日本アンテナ製「VBC-22CU」
・ケーブル   :4CFB 8m  片側F型接栓

Google AdSense


 

Amazonで自作アンテナ関連の書籍を探してみました。 もっと、勉強するべきでしょうかね。この類の本は図書館にもたくさん有りそう。